マウスウォッシュは危険なの安全で効果的な正しい使い方について

マウスウオッシュの使い過ぎは体に影響があるのか

虫歯菌だけではなく健康な細菌まで排除してしまう可能性が

対象年齢や使用回数・用量などを守る

子どもがマウスウォッシュを使用する際には、大人がマウスウォッシュを使用するのとは、異なり以下のような危険があるでしょう。
痛みや粘膜に異常が起きやすい・うがいをすることができず飲み込む可能性があるなど、子どもは大人よりも口や歯の粘膜が敏感なので、マウスウォッシュの影響を受けやすいでしょう。
マウスウォッシュの対象年齢や使用回数・用量などを守るように注意しましょう。
痛みや粘膜に異常を起こしやすい、マウスウォッシュの外からの刺激が子どもの柔らかい歯や粘膜に対しては強いことがあり、痛みや粘膜の異常などを引き起こすことがあるでしょう。
子ども用のマウスウォッシュで、対象年齢に適しているものを選んで、使用回数や用量を守るようにしましょう。

うがいができずに飲み込む可能性がある

子ども用のマウスウォッシュでも、刺激が強く痛みが出たり味が苦手で使いにくい際は、必ず使用しなくてはいけないというものではないため、無理に使用することは控えましょう。
マウスウォッシュが使えない場合でも、同様の薬用成分が配合されている歯磨き粉などを使用すれば様々な効果を得られます。
うがいができずに飲み込んでしまう可能性があるので、初めてマウスウォッシュを使用する際は、事前に水でうがいの練習をさせると良いでしょう。
ブクブクうがいをさせて、水を飲み込むことなく吐き出せるようになったら保護者がいるところでマウスウォッシュを使い、吐き出すところまで見守りましょう。
うがいをする時に、上を向いていると何かの拍子に飲み込んでしまうことがあるため、マウスウォッシュを口に含んだら下を向いてうがいをすると誤飲しにくいでしょう。


この記事をシェアする