マウスウォッシュは危険なの安全で効果的な正しい使い方について

マウスウオッシュの使い過ぎは体に影響があるのか

効果が発揮されるのは丁寧な歯磨きと組み合わせた時

マウスウォッシュは歯ブラシと一緒に使用

マウスウォッシュを使い過ぎたり、使用方法を間違えたりすることにより、様々なトラブルを引き起こす要因となりますが、適量を適切に使用するといつも口腔ケアを安全に強化することが可能です。
注意すべき点については、使用方法を守る・成分を確認する・刺激が強いものは使用しない・マウスウォッシュは歯ブラシとセットで使用するなどです。
製品により使用方法が違うため、必ず説明を読み使用法や用量・対象年齢などを守ることが大切でしょう。
口腔ケア用品の販売については、品質や安全性に関して厚生労働省により厳しい審査と認可が必須です。
成分表を見て、アレルギー性成分や発癌性が指摘される成分が配合されていると気づいた際には使用しないようにしましょう。
特にアレルギーがある方は、マウスウォッシュを使用することでアナフィラキシーショックが起こると、皮膚症状や呼吸困難・急激な血圧低下などが起こる可能性があるため大変危険です。

刺激が強すぎると口の粘膜に異常が現れる

海外のメーカーの物は、アルコール成分により刺激が強い物があるので、味が辛過ぎるや口の粘膜にビリビリとする感覚が残る事があります。
刺激が強いと口の粘膜に異常が現れ、口内炎や傷がある際には悪化する可能性があるため使用を控えて、ノンアルコールか低刺激タイプのマウスウォッシュを使用しましょう。
歯肉炎が起きている際には、歯茎が腫れているところに沁みて痛みを感じる事があるでしょう。
いつもと異なる痛みや異常を感じたら我慢しないで吐き出し、水でうがいをしてマウスウォッシュの使用を控えましょう。
歯垢は、食後2時間から3時間で形成され、時間が経過すると共に成熟して層が厚くなるでしょう。
歯磨きを疎かにすると歯垢が歯に溜まってしまい、マウスウォッシュの有効成分が歯に届かないので十分な効果は得られないでしょう。
歯ブラシやフロスなどで歯垢を破壊し、マウスウォッシュの有効成分が歯に行き渡るようにする事が大切でしょう。


この記事をシェアする